天正大判の価値・価格は?同時代の小判・古銭や買取業者をご紹介

引っ越しや大掃除で蔵や納屋を掃除したとき、大判・小判を見つけたことはありませんか?

今回は、実際に蔵で発見されたことがある天正大判(てんしょうおおばん)についてご紹介します。


戦国時代(安土桃山時代(あづちももやまじだい))、豊臣秀吉・秀頼親子によって造られた天正大判。
家来への褒美や、賢威を象徴するために使われ、大変高価な金貨として扱われていました。

発見された枚数が少ないことから、現在でも1枚100万円以上の相場が期待できます!


ここではそんな天正大判と、同時代に鋳造された小判や古銭の価値・買取価格をご紹介。
また、損しない買取方法もご案内いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

天正大判は全3種類!査定相場はどれも100万円越え

天正大判は【天正(ひし)大判、天正(なが)大判、大仏(だいぶつ)大判】の3つ。
さっそく、これらの買取相場を見ていきましょう!

名称
発行年数 / 枚数
査定相場
①:天正菱大判(てんしょうひしおおばん)
天正菱大判
1588年
約40,000枚
約100万円
|
約1億円
②:天正長大判
(てんしょうながおおばん)

天正長大判
1595年
約55,000枚
約100万円
|
約9,000万円
③:大仏大判(だいぶつおおばん)
大仏大判
1608年
約40,000枚
約100万円
|
約1億円

以上、天正大判の3種類についてご紹介しました。
どれも最低100万円の査定額がつく、価値の高い大判でしたね。

ここまで高額な買値がつくのには、希少性の高さが大きく関わっています。


数ある古銭のなかでも4~5万枚の発行数は、決して多い数字とは言えません。
さらに400年以上も昔の金貨なので、発見される枚数も必然的に減っていきます。

実際に、①の天正菱大判は約4万枚のなかで、現在までに発見されたのはたった6枚!
うち5枚は博物館、残り1つはスイスのオークションで約1億2千万の落札が確認されています。


見つかった数が少ないことで希少性が高まり、高値での買取が望めるんですね。


女の子疑問

100万円から1億円ってだいぶ差があるけど、それは何で?


それは、サビ具合や汚れ方によって査定額に幅が出てくるため…。
古銭もブランド品同様、美品であるほど価値も上昇していきます。


しかし、美品ではないからといって諦めてはいけません!
例えば古銭の買取専門業者では、プロによるクリーニングを施してくれるので安心ですよ。


天正大判と同時代に生きた小判・古銭にも注目!

ご紹介した3種の他にも、天正大判と同じ時代に存在した小判・古銭があります。
天正大判と一緒に見つかることがあるかも知れませんので、ご紹介させていただきますね。

名称 / 発行年数査定相場
①:駿河墨書小判(するがすみがきこばん)
駿河墨書小判
1595年
約100万円
②:武蔵墨書小判(むさしすみがきこばん)

1595年
約100万円
③:メキシコ貿易銀
メキシコ貿易銀
1535年
約10,000円
|
約50,000円

①と②は、徳川家康によって駿府(静岡)と武蔵(東京・他)で作られました。
大判より小ぶりで金の含有率が低い割りに、相場価格は天正大判と同等の約100万円。

歴史上有名な家康が発行に携わったことで、付加価値がつくようです。
億までは望めないかもしれませんが、これだけの買値が期待できるのは驚きですよね。


③の古銭は同時代にメキシコから伝わった銀貨。
海外貿易の歴史を持つ長崎・横浜などで発見例があります。

買取価格は10,000〜50,000円。
古銭に混じって外国の硬貨が見つかったら、写真と照らし合わせてみましょう。


少しでも「おや?」と思った古銭は査定を依頼するのがお勧めですよ!




疑問男の子

天正大判も墨書小判もネットでは相場が1万円くらいだったよ?

インターネットのオークションで出品されている天正大判は、レプリカであることがほとんど。
金運アップの縁起物だったり、1970年の大阪万博の記念品だったり、本物ではありません。

レプリカの相場に惑わされないよう、プロの鑑定士に見てもらうようにしてくださいね!

大判・小判をお持ちの方へ!損のない売り方を選びましょう

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
今回は天正大判を中心に、同時代の小判や古銭もご紹介しました。


大判・小判の価値、きちんと見極めるのは難しいですよね。

そのため、

本来の価値を知らないまま、タンスや押し入れの肥やしにしてしまっている人
レプリカの価格を相場だと思ってしまい、低価格でオークションへ出品している人

意外と多いんです!


古銭のコレクターが減りつつあるいま、いつ相場が下落してもおかしくはありません。

売り時を逃さないためにも、損をしないためにも…。
お手元の大判・小判は、高額査定が期待できる買取業者を頼りましょう!


どんなところに頼めばいいの?という方、ご安心ください。
当サイトでは、プロの鑑定士が在籍する大手買取業者3社をランキング形式でご紹介しています。

3社とも相談・査定・キャンセルが無料なので、プロの目利きが一切の負担なく利用可能ですよ。


近所のリサイクルショップや質屋で、古銭を鑑定してくれるプロは見つけにくいもの。
見つけたとしても、相談するだけで手数料を取られてしまうことも…。

より高く売りたい!という方は、ぜひ1度以下から買取業者比較ランキングをご参考ください。