慶長大判の価値・買取価格から、損しない取引方法までご紹介します!


引っ越しや遺品整理のとき、物置やタンスで昔のお金を見つけたことがありませんか?
今回は古銭でも比較的に価値が高い大判のなかから、慶長大判金(けいちょうおおばんきん)をご紹介!


慶長大判は1601年(慶長6年)から約60年間、主に江戸幕府が製造していた大判金貨で、
歴史的な価値や希少性から、何千万円もの高額で取引されたこともあるんです!


このページでは慶長大判をはじめ、同じ時代に造られた慶長小判へも注目。
その価値はもちろん、高額な査定をしてくれる買取専門業者までをご案内いたします。


これさえ読めば、あなたも慶長大判の取引で損しません!
慶長大判・小判の価格や、高値で売る方法、ぜひご覧ください。

慶長大判は9種類!価値とその見分け方とは

ここでは製造された時期と形状を基準に、

  • 1601年(慶長6年)から造られた慶長大判
  • 1658年(明暦4年)から造られた明暦判(めいれきばん)(慶長大判の1つ)

この2つに分け、更に表面・裏面に書かれた文字で9つへ種類分けして紹介します。


それでは早速、1つ1つの慶長大判を見ていきましょう。

慶長大判:1601年(慶長6年)から製造のもの

慶長大判


徳川家康が関ヶ原の合戦に勝利したのが慶長5年。
幕府が設立され江戸時代のはじまりを迎えたのが慶長8年。

まさに時代の節目ともいえる慶長6年に製造された慶長大判は、
その歴史的価値から、最低でも約100万円の買取価格が期待できます!

慶長大判金

  • 製造枚数:約16,565枚
  • 製造:1601年(慶長6年・安土桃山時代~江戸時代)
  • 買取価格約1,000,000円
  • 原材料:金
  • 形状:角ばった楕円形

それでは、上記の画像をもとに代表的な慶長大判6種類をご覧ください。

名称
ポイント
笹書大判(ささがきおおばん)
墨書きの下部が、笹の葉のように見えるため笹書大判と呼ばれています。
画像左の△部分をご参照ください。
拾両判(じゅうりょうばん)
墨書きで【拾両】と記載のある慶長大判になります。
画像中央の○部分をご参照ください。
※慶長大判の1つ前に流通した天正大判だとする説もあります。
二条判(にじょうばん)
拾両判と同じく、その存在に確証が取れていない慶長大判です。
一ツ極印(ひとつごくいん)
大判の裏面に【田,ま,金,さ,孫】の、いずれか1つの印が打たれています。
画像右の□部分をご参照ください。
サマ判(さまばん)
大判の裏面に【サ,マ】と2文字の印が打たれています。
画像右の□部分をご参照ください。
次判(なみばん)
大判の裏面に【ゑ,九】【さ,新】【長,新】の、いずれか1つ組みの印が打たれています。
画像右の□部分をご参照ください。

続けて、1658年から製造が始まった明暦大判です。

明暦大判(めいれきおおばん):1658年(明暦4年)から製造のもの

明暦大判


1657年(明暦3年)、延焼面積・死者共に江戸時代最大と言われる大火事が発生。
幕府の金庫に保管された慶長大判も燃え、溶けた金から製造し直す必要に迫られました。

そこで誕生したのが明暦大判!

慶長大判の1種ではありますが、形の違いから今回は別々にご紹介しています。

明暦大判金

  • 製造枚数:約15,080枚
  • 製造初年:1658年(明暦4年・江戸時代)
  • 買取価格約1,000,000円
  • 原材料:金
  • 形状:丸みを帯びた楕円形

明暦大判にも種類があり、オーソドックスな明暦判(めいれきばん)を含め以下3点となります。

俗称
ポイント
明暦判
大判の裏面に【久,七,新】または【九,七,竹】の印が打たれています。
慶長大判の中では、この明暦判が最も多い現存数です。
画像右の▽部分をご参照ください。
三ツ極印(みつごくいん)
大判の裏面に【弥,七,九】【次,七,九】【阪,七,九】【弥,七,新】の、
いずれかの印が打たれています。
同じく画像右の▽部分をご参照ください。
四ツ極印(よつごくいん)
大判の裏面に【次,七,源,九】【坂,七,源,九】【弥,七,源,九】の、
いずれかの印が打たれています。
同様に画像右の▽部分をご参照ください。

以上、慶長大判の9種類でした。


古銭としての価値はもちろん、美術品としての価値に高く評価されている慶長大判。
過去には2,500万~4,500万円の高値で取引されることがあるんです。

お手持ちの慶長大判も、想像を超える価値を持っているかもしれませんよ!?


でも素人には古銭の価値なんて判断できませんよね。
そこで、まずは買取専門業者に鑑定してもらうのがオススメです。

例えば、当サイトでも78%の方が支持する【バイセル】では、
大判・小判はもちろん古銭全般の鑑定が得意で、高額な買取額にも人気があります。


お手元に慶長大判や、その他の古銭がありましたら、
ぜひ1度、【バイセル】へ相談してみて下さいね!


慶長大判の元祖!慶長小判2種も約100万円の価値あり

慶長小判


慶長大判にはサイズの小さい小判も何種類か存在します。
今回はその中でも代表的、かつ高価な価値がある2点をご紹介。

駿河・武蔵墨書小判が製造されたのは江戸時代前ですが、
慶長大判の原型とされているため慶長小判に数えられています。

駿河墨書小判(するがすみがきこばん)武蔵墨書小判(むさしすみがきこばん)

  • 製造:1595年(文禄4年:安土桃山時代)
  • 買取価格約1,000,000円
  • 原材料:金

当サイトでは慶長小判の価値・買取価格をまとめたページもご用意しています。


買取額も約100万円、慶長大判に引けを取らない価値ですので、
縦約7cm,幅約4cmほどの小判だった場合、慶長小判かどうか是非ご確認ください!


損する前に鑑定を!後悔しない業者選びが重要です

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。
慶長大判の価値はもちろん、少しでも大判・小判へ興味を持つきっかけになれば幸いです。

なぜなら【本当の価値を知らないまま古銭を売りに出してしまう人が多い】から…。


最寄り質屋さんで査定してもらうも「偽物ですよ」と言われたり、
オークションで本物の保証がないため想像以下の価格でしか売れなかったり。

悔しい思いをしてしまった方は少なくありません。


「あれって100万円以上の価値があったの!?」と後悔する前に、
古銭への目利きに明るく専門知識が豊富な査定員に鑑定して貰いましょう!

買取査定額&ユーザー満足度ともにNo.1の【バイセル】であれば、
あなたの慶長大判・小判、その他の古銭も高く買い取ってくれます!


日本全国47都道府県、最短30分でご自宅まで無料査定へ駆けつけてくれるので、
まずはから【バイセル】の公式サイトを見てみて下さい。


バイセルの公式ページはこちら