領国貨幣の価値や買取額はいくら?オススメの業者や売り時を紹介

戦国時代から江戸時代の初期に流通した、領国貨幣

金や銀が素材として使われており、領国金銀とも呼ばれています。

そんな領国貨幣をお持ちの方は、今いったらどのくらいになるんだろう?と現在の価値が気になっているかもしれません。

もしかするとこのまましまっておいた方がもっと高くなるかもしれない…と、とりあえず保管しておこうと思っている方も多いのではないでしょうか。


ですが領国貨幣を保管しておくのは、とてももったいないです!

実は今、領国貨幣の価値が徐々に上がり、ピークを迎えています

その理由は、中国の経済が著しく成長を遂げ富裕層が増えた結果、日本国外からの需要が高まっているから。


富を得た中国人が日本に渡ってしまった祖国の骨董品を買い戻しており、そのついでに日本の歴史ある品を収集する傾向にあります。

それは、領国貨幣も例外ではなく、種類によっては5000万円以上の値が付くことも

売り時はまさに今、で間違いありません!


ここでは領国貨幣の種類や価値を詳しくご紹介。

あわせて、高値で買い取ってもらえる可能性のある買取業者をピックアップしました。

領国貨幣の価値が気になる方や、査定を希望される方はぜひ参考にしてくださいね!

主な領国貨幣の種類と価値!買取相場は5000万円以上

種類買取相場
天正長大判

天正長大判
5000万円
駿河墨書小判

駿河墨書小判
(するがすみがきこばん/するがぼくしょこばん)
100万
武蔵墨書小判

武蔵墨書小判
(むさしすみがきこばん/むさしぼくしょこばん)
100万
甲州金

甲州金
(こうしゅうきん)
12万円
※この金額はあくまでも相場です。

こちらは領国貨幣に分類される、大判や小判、金貨です。

領国貨幣は、戦国時代~江戸時代にかけて流通していた歴史ある貨幣。

現存枚数も少ないため希少価値がつき、相場はかなり高くなっています


なかでも大正長大判は5000万もの高値で取引されているんです。

先ほどお伝えした通り、現在は中国からの需要も高まっているので、これ以上の値が期待できますよ。


ここに掲載されていないものでも、大判や小判型の貨幣は領国貨幣の可能性がありますから、一度古銭買取業者に鑑定依頼をオススメします。

ただひとくちに買取業者といっても、たくさんの会社があり査定額もまちまち。


ここまで価値がある品でしたら査定額も10万円以上の差が生じてしまうので、慎重に選ばないと大損してしまいます

そこで大手買取業者の買取額やサービス内容を比較し、領国貨幣を売るのに適した業者を調べてみました。

領国貨幣を売るならココ!買取業者比較表

 バイセル買取プレミアム福ちゃん
査定実績の豊富さ
査定額の高さ
利用者の満足度
女性スタッフ指定×
買取方法出張・宅配・持込出張・宅配・持込出張・宅配・持込
対象地域日本全国日本全国日本全国
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

比較表をご覧の通り、領国貨幣を売るのにオススメなのがバイセルです。

バイセルは査定額の高さに定評がある、人気の業者。

当サイトの古銭比較ランキングでご紹介している通り、サービスが充実していて査定員の対応もいいので当サイト利用者の78%が買取を依頼しています。

領国貨幣を高く売るならバイセルに査定を依頼するのが間違いないです!

ここからバイセルの特長を詳しくお伝えしますね。

日本全国対応!バイセルの特長

バイセル

    バイセルのメリット

  • 安心して利用できる出張買取サービスNo.1!当サイトの78%以上が利用
  • 日本全国対応だから住まいに関係なく査定依頼OK
  • 出張料・査定料・キャンセル料・相談料はすべて無料!
  • 24時間問い合わせOK!時間帯を気にすることなく依頼可能
  • 汚れがあっても大丈夫 本来の価値を見極めてもらえる
  • 安心のアフターフォローあり!万が一手元に置いておきたくなった場合は電話1本で対応
  • バイセルのデメリット

  • 人気が高くお盆や年末の繁忙期は予約が取りづらい

高額査定を希望するならバイセル!全国対応◎

領国貨幣含む、古銭の買取ならバイセルがおススメ。

大手のバイセルは全国に事業所があり、住まいに関係なく誰でも利用しやすいのが特長です。

またこういった業者は大手であればあるほど、販売網が確立されており高値が付きやすいですよ

領国貨幣はかなり価値があるものですし、バイセルのような業界最大手に買い取ってもらうのが損をしないコツです。

※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合もございます。

買取後のアフターフォローあり 安心して依頼できる

バイセルでは利用者が安心できるよう、買取後の「フォローコール」というサービスがあります。

『買取時に十分な説明を査定員がしてくれたか』
『サービスの質は高いものだったか』
『品物が理由なく安く買い取られていなかったか』

オペ―レーターがこのようにヒアリングをしてくれるので、訪問した査定員には直接伝えづらいことも相談できますよ

もし査定が威圧的で断り切れなかった場合でも、フォローコールでそういったことを話せばすぐにキャンセルの対応を行ってもらえます。

万が一の時でも、安心して活用できるところがバイセルのメリットです。

バイセルに査定を依頼する

領国貨幣の査定を検討している皆さまへ

『まだまだ値が上がるかもしれないから、取っておこうか…』
『とりあえず、保管しておこうかなぁ』

ここまでお読みになった方のなかには、こんな風に査定をためらっているかもしれません。

たしかに領国貨幣は戦国時代から江戸時代にかけて作られた希少価値の高い古銭ですし、まだまだ売ってしまうのはもったいないか…と思う気持はとてもよくわかります。

ですが冒頭でもお伝えした通り、中国の骨董品ブームの影響から領国貨幣の価値は今高くなっています

アメリカと中国の関係からいつ経済が破綻してもおかしくないため、今のうちに領国貨幣を売ってしまうのがおススメです。

あの時売っていれば、プラス10万円になっていたのに…

こんな後悔をしないためにも、バイセルへ査定を依頼してみましょう!

バイセルでしたらフォローコールもありますし、売った後に万が一手元に置いておきたいと思ってしまっても安心ですよ。

ぜひ↓から依頼を出してみてくださいね。

バイセルに査定を依頼する